堺市戸建住宅 基礎工事

やっと建築本体工事に着手です。

地盤改良した地盤にステコンクリートを打設し、スミ出しをします。

そのスミを基準に鉄筋を組み込んでいきます。

基礎(B1F)部分のベースが出来上がりましたが、この鉄筋の量!!!

木造住宅では考えられない内容です。

要塞???

ご近所の方も驚いておりました。。。

ベースコンクリートも打設しました。

厚みなんと500ミリ!!!

マンション級???

地中梁の部分もコンクリート打設し、止水板を儲けます。

これは地下部分となる為、内部への水漏れを防ぐ一つの方法です。

さらに工事は上部へ進んでいき・・・。

立上り部分の鉄筋や型枠を施工します。

そしてスラブ部分も・・・。

1Fのスラブ部分です。

下から立ち上げた鉄筋をスラブの梁と接合されます。

鉄筋も22ミリ以上の鉄筋接合は圧接工法です。

鉄筋の接合部分に圧力をかけ、鉄筋を溶かして接合します。

スラブ部分の鉄筋完成です!!!


そしてコンクリート打説の前に設備配管をします。

電気、水道等の配管です。

そして、いよいよスラブのコンクリート打設です。

この部分はベランダの持ち出し部分です。

ポンプ車でこのように打設します。

このスラブ部分と壁面部分のコンクリート容積ですが、
なんと45㎥!!!
かるく100トンオーバーの重量です。


下のベースや鉄筋と合わせると、地下構造物だけで200トンオーバーになりますね。

上棟までもう一歩のところまでやっと来ました!!!

つぎは基礎最終部分の立上り部分の施工です♪


TOP

お問い合わせはこちら