箕面市戸建住宅 上棟完了!

快晴の中、上棟工事が始まりました。
先週の梅雨空とは違い快晴で上棟日和です。

土台に柱が立てられます。
紀州産桧の4寸、と3寸5分の柱です。

柱に桁や大梁等が接続され、ボルトで固定します。

通常私達は軸組みをプレカットではなく、手きざみする場合が多いのですが、今回はスケジュールやコスト等を考慮させて頂き、セミプレカットです。
1本800KGある梁も接合されました(汗)


2Fの床組も完了です。
主用木材は米松無垢材の乾燥材です。
通常のプレカットの米松よりも木目が細かく、強度も優れています。

夕方には棟木を載せ、上棟完了です。

梅雨の時期という事もあり、屋根の下地工事を引き続け行います。

垂木を掛け野地板を貼り、ルーフィングを敷き雨に備えます。
1日目の工事はこのような状態で終了しましたが、昼からは施主様もお立会いいただき
本当に良い棟上が出来たと思います。

施主様のご質問等にも1つ1つ説明させて頂き、ご納得して頂けたと思います。
1つ1つの形や素材を決める事は全て理由や目的があります。

このような事は図面や仕様書等には明記されない部分であっても、
辻ウッドテクニカルでは物造りに対しての拘りやコンセプトを常に持ちベストを尽します^^。

有難うございました♪


TOP

お問い合わせはこちら