F様邸 屋根構造 [注文建築]

 屋根の構造です。

 刻み加工でもご紹介させて頂きました垂木が、右の画像で勾配方向のものです。

 そして、その上に横垂木を直交させ、断熱材を入れています。

 こうする事によりヒートブリッジ(熱橋)の影響を最小限にする事が出来ます。

 尚且つ、その横垂木に空気層を設けるための溝を掘り、棟換気で屋根の中に熱い空気がこもらない構造にしているので、暑さや寒さの屋根から受ける影響は、まず無いと言っても良いと思います。

 こういった一つ一つの積み重ねが「良い家」を作り出すのだと思います。

 これも弊社の物作りに対する考えの一つです。

                                                武田


TOP

お問い合わせはこちら