F様邸 軸組み (渡り顎) [注文住宅]

刻み加工の時に一度ご紹介させて頂きました渡り顎のお話。

 画像では化粧材用の紙が巻いてあるのでお分かり頂きにくいかもしれませんが、丸太と丸太を渡り顎で直交させています。

 このように軸組みを接続すると、捩れ方向に掛かる力に対して非常に頑丈な家を作ることが出来ます。

 残念なことに最近ではこういう軸組みの家は殆ど無くなっているのが現状です。

 弊社では、「お客様が一生を共に出来る家」を本当の意味でご提案させて頂いているので、こういった形に成って来るのだと思います。

 まだまだ見所のある家なので、作業の進行に合わせて色々とご紹介させて頂きたいと思います。

                                                武田


TOP

お問い合わせはこちら